/* アドセンス(自動広告) 2022.04.08 */

【黒い砂漠225】 newメディアメインクエ

2019年5月6日クエスト

どうもシェナベルです(`・ω・´)
ついに新しい元号の令和になりましたねぇ。しばらくは日付を聞かれたときに、うっかり平成と言ってしまわないように気を付けないとですね(;´∀`)
さてさて、話題は変わりますが、先日(2019年4月24日(水))のアプデでメディアのメインクエストがリニューアルされましたねぇ。
既存のメディア依頼を進行している冒険者もリニューアルされたメディアのメインクエストを進行可能ということで、シェナベルもやってきました(●´ω`●)
今回はそのことについてまとめていきます。

概要

リニューアルされたメディアのメインクエストは、『メディアを威嚇する黒い力』の全27クエストと、2種類の分岐クエストから構成されています。
分岐1は、『昔のメディア王家』の全43クエスト+『闇の再現』の全17クエストで、合計60クエストとなっており、メディア王家のストーリおよびイレズラを追跡する内容となっています。
分岐2は、『商人会の再建』の全60クエストで、ネルダ・シェンとシェン商団側に立って問題を解決して、メディア料理の復興を助ける物語となっております。
分岐のどちらを選んでもクエスト数は同じなので、お好みのほうを選択したらいいかなぁと思います。

まずはヘルマン・フェレシオに会う

まずは、カルフェオンのカリス議会長ヘルマン・フェレシオに会いに行きます。そうすると、東の寺院というクエストを受注することができます。

ハイデルの東側にあるカーマスリブ寺院にいるオーウェンを訪ねるように指示されるので、向かいましょう。報酬として+13のグルニルヘルムなどがもらえます。

カーマスリブ寺院へ

カーマスリブ寺院でいくつかのクエストをこなしていきますが、基本的に物語を知るための内容となっているため会話するだけで進行していきます。

寺院の目的、シルビアの知識、天然の溶鉱炉とクエストを進行していくと、オマル溶岩洞窟のハカン・デルクを訪ねるように指示されます。
天然の溶鉱炉の報酬である『オマル溶岩洞窟の事件』の知識は、シェナベルはこの時点ですでに持っていたので、新規追加の知識ではありませんでした(´・ω・`)

オマル溶岩洞窟

つづいてのオマル溶岩洞窟でも、いくつかのクエストが用意されています。

湧き上がる溶岩のクエストでは、洞窟内のラバ族を30体討伐を指示されます。

次の冷めない熱気クエでは、資材の状態の確認などが指示されます。それぞれマップに案内が乗っているので、指定されたポイントでそれぞれの内容を行います。

[ボス]溶岩洞窟の支配者では、ボスのフェリードの討伐をします。報酬で禁忌の書類などがもらえます(n*´ω`*n)
ある程度の装備があれば、難なくクリアできると思います。

ハカン・デルクと会話をしてストーリーを進めていくクエストです。
黒い石の報酬である「事件の夜、彼が目撃したのは?」知識と、鉄の要塞、アルティノの報酬「メモ・ムラナンの証言」知識は、どちらも以前からある知識でした(`・ω・´)
物語は進んでいき、アルティノに舞台を移します。

アルティノ

アルティノでのクエストは、NPCと会話をして物語を知るためのクエストとなっているので、サクサクと進めることができます。

メディア商人連合
ネルダ・シェンと商人たち
アルティノの商人たちⅠ
アルティノの商人たちⅡ
アルティノの商人たちⅢ
いかがわしい噂
野蛮族の曲調
言語に精通したスキル教官
不吉な予言
野蛮族の種
労役のアブン村

次はアブン村に向かいます。

アブン村~廃鉄鉱山

メディアを威嚇する黒い力の連続クエスト終盤です。
アブン村で住人たちと会話したのち、廃鉄鉱山に向かうことになります。

首謀者
避難し始めた住人
半分は野蛮族の下に
野蛮族の横暴

野蛮族の横暴のクエストを受注すると、ホリオ・タニャの背後にいる4人のNPCからそれぞれ討伐クエストを受注できるので、こちらも併せてクリアしておくと、クエストクリア数を増やせるのでお勧めです(●´ω`●)

野蛮族が探している黒い石

野蛮族が探している黒い石をクリアすると、クエストが分岐します。お好みのほうを選択して進行していくことになります。
シェナベルは分岐Ⅰのまた会えるその日までを選択しました。

まとめ

ここからまた60クエストはじまるので、いったんここで一区切りにします。
次回は分岐1のクエストをまとめていこうと思います(`・ω・´)
今回ご紹介したクエストは、ほぼ会話していくだけでクリアできるので、ストーリーを楽しみたい方やクエストクリア数を増やしたい方はぜひ挑戦してみると良いのではないかなぁと思います(●´ω`●)
以上、シェナベルでした。

続きはこちらから↓