/* アドセンス(自動広告) 2022.04.08 */

【黒い砂漠355】マガハンの書 1巻

冒険日誌

どうもシェナベルです(`・ω・´)

2020年4月24日(水)のアップデートにて実装された冒険日誌「マガハンの書」の1巻をクリアしたので、どのような内容だったのかをご紹介します。

マガハンの書ってどんなものなの?

冒険日誌「マガハンの書」は、60レベル以上のキャラクターが、闇の精霊から特定の依頼(この後、ご紹介します)を受けることで、進行可能な全2巻からなる冒険日誌です。

マガハンの書に書かれた条件を達成することで、「アグリスの熱気」という力を伝授することができます。

アグリスの熱気とは?

「アグリスの熱気」には、ポイントが一定量貯まるようになっています。

特定のモンスターを倒すと、自動的にそのポイントが消費され、がらくたアイテム獲得個数が最大100%増加します。

マガハンの書1巻全5ページをクリアすると、アグリスの熱気が活性化し、1日にアグリスの熱気3,000ポイントがチャージされ、最大10,000ポイントまで累積します。

アグリスの熱気ポイントは、家名内全てのキャラクターが共有し、倒すモンスターによって異なる消耗です。

アグリスの熱気は、毎日6:00にアグリスの熱気3,000ポイントがチャージされます。

なお、マガハンの書2冊とも全て報酬を獲得すると、1日にアグリスの熱気4,000ポイントがチャージされ、最大20,000ポイントまで累積されるようになります。

さらに、特定のモンスターを倒した際、アイテム獲得個数が最大150%増加します。

マガハンの書をやるための前提条件

マガハンの冒険日誌

マガハンの書で使用するアイテムを用意しておこう

マガハンの書を進行する際に、以下のアイテムが必要になります。

事前に用意してからマガハンの書の前提条件のクエスト、および、マガハンの書に挑戦することで、スムーズに進められます。

  • 魅惑の実 10個
  • クマ肉 30個
  • 小麦 100個

マガハンの書1巻で使用するので、カバンに入れておくと良いでしょう。

闇の精霊から前提依頼を受注しよう

冒険日誌「マガハンの書」をやるためには、まず初めに、60レベル以上のキャラクターを用意します。

その60レベル以上のキャラクターで闇の精霊(/キー)で召喚し、依頼のメインタブ内にある「冒険日誌:古代の秘密、アグリス」を受注します。

マガハンの冒険日誌の前提依頼、冒険日誌:古代の秘密、アグリス

バレノス地方の「古代の石室」内にいるエダンに会いに行くよう指示されるので、向かいます。
クエストにて、ルート案内が出るので、迷わずに行けるはずです。

エダンから依頼を受注する

マガハンの冒険日誌の前提依頼、冒険日誌:ベールに包まれた秘密の書

エダンに話しかけると、次のクエスト「冒険日誌:ベールに包まれた秘密の書」を受注できます。

話しかけるだけのクエストなので、サクッと終わります。

冒険日誌:ベールに包まれた秘密の書を終えることで、ついに「マガハンの書」を進行できるようになります。

マガハンの書 1巻

マガハンの書1巻は、全5ページで、1ページ目から順番に進行する必要があります。

マガハンの書 1章

マガハンの書 1章では、「アグリス祭壇を訪ねる」という目標があるので、アグリス祭壇を目指しましょう。

アグリス祭壇は、ベリア村の西の方で、召喚書のレッドノーズをやったりする場所ですね。

↑こんな感じでアイコンが出てくる場所が正解です。
マップだと↓この辺り

該当ポイントで、会話すると、目標達成となり、「アグリス石板欠片」が手に入ります。

マガハンの書 2章

マガハンの書 2章では、1章で見つけた場所にて、3種類のアイテムを捧げます。
先ほど書いた事前に用意した方がいいよと書いたアイテムですね。

  • 魅惑の実 10個
  • クマ肉 30個
  • 小麦 100個

アイテムの入手方法は問われないので、自分で採集してもいいですし、取引所で購入してもOKです。

魅惑の実を栽培でゲットする場合は、黎明草や銀色ツツジなどで獲得できます。

マガハンの書 2章は、アグリス祭壇にお供えするだけで終わるので、アイテムさえ用意できれば、すぐ終わります。

マガハンの書 3章

マガハンの書 3章

マガハンの書 3章では、「ベリア海岸洞窟の隠れた場所を訪ねる」ということで、指定されたポイントを探しに行きましょう。

1章と同様の探索型目標ですね(`・ω・´)

マガハンの書 3章 海岸の洞窟

まずは、ベリア村から海岸線沿いに西に進んで行き、1つ目の洞窟を突き進みましょう。

マガハンの書 3章 海岸の洞窟

道なりに進んで行くと、2つ目の洞窟が現れるので、さらに奥へ向かいます。

マガハンの書 3章 海岸の洞窟

2つ目の洞窟内部の↑赤矢印で示したあたりにありました。

マガハンの書 3章 海岸の洞窟

私が行った時には、↑こんな感じで火の玉が見えました。

マガハンの書 3章

マップで見ると分かりにくいのですが、赤丸の位置です。

マガハンの書 4章

マガハンの書 4章

マガハンの書 4章では、「クロン城の隠れた場所を訪ねる」ということで、クロン城に向かい、指定ポイントを探します。

このマガハンの書 4章に載っている画像の場所がヒントです。
ヒントと言うよりも答えですね(笑)

マガハンの書 4章 クロン城

クロン城のこの赤矢印の位置が指定ポイントです。
↑画像の右側に見える階段を上って行きます。

マガハンの書 4章 クロン城

窓枠から飛び降りて、赤矢印の渡り廊下の屋根を通ります。

マガハンの書 4章 クロン城
マガハンの書 4章 クロン城
マガハンの書 4章 クロン城

赤丸で囲んだあたりの場所に指定ポイントがありました。
このエリアの中心当たりですね(`・ω・´)

マガハンの書 5章

マガハンの書 5章

マガハンの書 5章では、これまでの1~4章の報酬で貰った「アグリス石板欠片」をベリア村のアルスティンに持って行き、組み合わせてもらった後、エダンのもとに戻るという内容です。

マガハンの書 5章

アルスティンは、錬金術師のおじいちゃんですね(`・ω・´)

アルスティンとエダンに会いに行って、お話するだけで終わるのでサクッと終わるはずです。

アグリスの熱気が活性化

アグリスの熱気

マガハンの書 5章を完了することで、「アグリスの熱気が体を包み始めます。」というメッセージが表示されます。

アグリスの熱気

そして、画面上部にある「アグリスの熱気」のアイコン(赤矢印で示したアイコン)が活性化し、アグリスの熱気が利用できるようになります。

感想

いかがでしたか?

シェナベルはあまり狩りが好きではないので、アグリスの熱気を常に消費するということまではできないとは思いますが、あって損はないものなので、あまり狩りをしない人も、マガハンの書 1章だけは、サクッと終わらせておいた方が良いのかなぁと感じました(`・ω・´)

アイテムを用意して、指定されたポイントが分かっていれば、すぐ終わりますからね(●´ω`●)

ちなみに、マガハンの書2冊目は、1冊目を完了した状態で闇の精霊さんに話しかけると、2冊目用の依頼を受けられるので、それを達成すると2冊目に進むことができます(/・ω・)/

マガハンの書2冊目は、また別の機会でまとめようと思います。

以上、シェナベルでした!