【黒い砂漠341】謎の絵 関連クエスト

クエスト

どうもシェナベルです(`・ω・´)

今回は、先日拾った「謎の絵」に関連するクエストをご紹介していきます。

怪しい輸送船からドロップする「謎の絵」

「謎の絵」は、怪しい輸送船を討伐した際のドロップ報酬で手に入れることができます。
怪しい輸送船って何??という方は、↓こちらの記事からご覧ください。

「謎の絵」は、いくつか種類があるのですが、今回は、説明に「青くて、鋭い鱗の欠片が微かに描かれている」と書かれているものについてご紹介していきます。

↑この謎の絵をバッグで右クリックすると、クエスト開始のNPCへのルート案内がでます。

ベリアのアルテミオ・ピアザからクエスト開始

先ほどの「謎の絵」を持っていると、ベリア村にいるアルテミオ・ピアザ(エイリーンの東側にいる酔っ払いのおじいさん)に話しかけた際に、依頼「謎の絵1編:絵の正体」が出現します。

クエストのルート案内に従って、カルフェオンの画家に会いに行きます。

カルフェオンにいる画家

カルフェオンにいる画家に会いに行くと、「謎の絵1編:ぼやけた絵」というクエストを受注できます。

画家と会話をして「謎の絵」を渡すとクエストが進行します。

依頼「謎の絵1編:事件の手掛かり」ということで、さらに画家と会話をし、お話を聞きます。

画家から話を聞いた後、「謎の絵1編:復旧された絵」というクエストを受注し、クエストのルート案内に従って、エフェリアとベリアに向かいます。

ベリア、エフェリアに向かった後、カルフェオンの画家のもとへ

ベリアとエフェリアにて、クエストのルート案内に従って、兵士に話しかけるとクエストが進行するので、カルフェオンの画家のもとへ戻り、クエストを報告して完了させます。

「謎の絵1編:ロブタスの基盤へ」というクエストを受注し、今度はオーキルアの目に向かいます。

オーキルアの目

オーキルアの目についたら、クエストのルート案内に従って、<ギルド管理>シェルアム・リキに話しかけましょう。

シェルアム・リキから「謎の絵1編:説得」を受注し、画家からもらった絵を渡します。

つづいて、シェルアム・リキから「謎の絵1編:調査の始まり」を受注し、オーキルアの目の雑貨商人ベイブ・リクサに会いに行きます。

ベイブ・リクサから「謎の絵1編:拒絶と牽制」を受注し、指定された原住民部族と会話をします。
ルート案内があるので、迷わずに進行できるはずです。

ベイブ・リクサから「謎の絵1編:信頼の試み」を受注した後、再びシェルアム・リキのもとに戻ります。

シェルアム・リキから「謎の絵1編:オーキルア調査」を受注し、指定された4カ所にいるロブタスを調査します。

ロブタスの調査を終えてシェルアム・リキのもとに戻り、次は「謎の絵1編:「終末の月」ギルド」を受注し、ヘラド・ロムソンに会いに行きます。

ヘラド・ロムソンから「謎の絵1編:青くて鋭い鱗」を受注し、再びカルフェオンの画家のもとへ戻ります。

カルフェオンの画家のもとへ戻る

カルフェオンの画家のもとへ戻り、「謎の絵1編:ロブタスの出生」を受注します。
このクエストが、一連の連続クエストの最後のクエストとなります。

知識と称号がもられる

一連のクエストを完了すると、冒険日誌>大洋の日誌>運命の大洋の「謎の絵1編:ロブタスの出生」と言う知識と、「ベルとカーンの繋がり」と言う称号を獲得することができます。

クエスト完了後は、金塊1Gと交換してくれる

また、一連のクエスト完了後は、カルフェオンの画家に今回使用した謎の絵を持って行くと、金塊1Gと交換してくれるようです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
あえてストーリーにつながる部分は掲載しなかったので、ぜひ自分でクエストに挑戦して、ストーリーを確認してみてくださいね( *´艸`)

以上、シェナベルでした。